Google
 
Top >> HAPPY!ape >> Customizes >> PartsInfos
■キタコ UltraSEヘッド&ピストン
 


mixiのマイミクさんから、中古のキタコのUltraSEヘッドとピストン、シリンダその他のパーツ一式を譲って頂いたので、早速取り付け。

外装を剥がし、車体から降ろして作業台(まな板)に安置されたエンジン。キタコSPLヘッドの82ccで、実用最大回転数は約13,000rpm付近でした。

平地無風での最高速度は95km/h前後という、普段乗りには十分なスペックだったのですが、カムシャフト周辺の摩耗が原因と思われる騒音(打音)に悩まされていたところだったこともあり、しかも前々から憧れていたUltraSEヘッドと聞いて換装を即決しました。

さくっと腰上を除去。
分解の速さは縦型の長所かも知れませんw


中古とはいえ、走行距離自体はそれほど多くなく、カーボンの堆積も問題ないレベル。
本当ならガソリンに漬け込んでピカピカにしたいところですが、時間もないので省略。


取り外したSPLヘッド。ちょっとガスが薄い感じだなぁ。


UltraSEヘッド。
SPLとバルブの径が全然違うw この構造を実現する為に、プラグも一般品でなくなってしまってるわけですが・・・。


ベースガスケットにはShift-UP製のアルミガスケットを採用。2枚で通常の紙ガスケット相当の厚みだったので、2枚セット。
これを1枚にするとその分だけ腰上が下がることになり、圧縮比が上がるわけですね。

※注意
金属製ガスケットを使用する場合、メンテの際は毎回交換をおすすめします。私がこのガスケットを採用してしばらくしてから腰上外してメンテした際、際組み付けしたこのアルミガスケットからオイル滲みが見つかり、一般の紙ガスケットに戻す羽目になりました・・・。


UltraSE82cc専用ピストンを取り付け。
ピストンピンクリップの取り付けだけは、何回やっても慣れないです。


要所要所にゾイルとモチュールを混ぜたオイルを塗布しつつ、黙々と組んでいきます。


カムホルダを2個イチで制作中w
UltraSEの専用カム、クリアランス加工済みホルダー、チタンナットを組み合わせて、現時点で手持ちのパーツで実現できるベストな状態に。


ヘッドのナット4個を(ベースガスケットをアルミにしているので特に)慎重にトルクレンチで締め上げ、一段落。
インマニを取り付けてみると、思ったより段差が少ない。というかほぼぴったり。
内部は見事な程に広々していて驚く。


その他のパーツを組み付け、カムチェーン周りを調整し、オイルをヘッドから投入、最後にカム付近にゾイルを垂らして終了。

2008年夏仕様エンジン完成!

 
 
 
 
 
 
 
 
  Copyright © 2002 magnitude6. All Rights Reserved.