Google
 
Top >> HAPPY!ape >> Customizes >> PartsInfos
■オイルキャッチタンク
 


12,000rpmも珍しくなくなってきた頃、ブローバイから大量のエンジンオイルがキャブに流れ込むというトラブル発生。直ちにオイルキャッチタンクを装着する事に。

見た目で選んで武川さんのものに決定。

ただし、購入後数週間でトラブル発生。右の画像のように付属されてきたゴムチューブが劣化しまくり。接合部のバンドで締めていた部分が破けてオイル混じりのガスが・・・。

結局、近所のDIYショップで同径のチューブを購入。数百円でしたが1年以上経過しても全く問題なく使えています。
この付属してきたチューブって一体・・・。随分粗利あるパーツだと思うんだけど、チューブ代はケチるんだね〜(メ-_-)

この事件がきっかけで、私は武川製品を疑いの目でみるようになりました。

 
 
 
 
 
 
 
 
  Copyright © 2002 magnitude6. All Rights Reserved.