左右のAltキーで日本語入力をON/OFF

日本語入力と直接入力(英語入力)の切り替え、Windowsだと半角/全角キーを使うのが標準です。
が、Altとのコンビネーションで押さなければならないので面倒、あるいは私のように英語キーボードを愛用している人にとってはAltと~という妙な組み合わせを押さねばならないという意見もあります。

もっとスマートに切り替えたいなぁと思った時、 Macを使ったことがあるor使っている人だとピンと来ると思いますが、 スペースキーの左右にあるAltキーでスイッチすることが出来るツールがあります(まさにWindows上でMacの英数/かなキーをエミュレートしている感じです)。

alt ime ahk という大変優秀なフリーソフトです。自分も愛用しています。

WindowsのAlt空打ちで日本語入力(IME)を切り替えるツールを作った

極めてシンプルかつ軽量な作りなので、とてもよく枯れていて安定しています。最新のWindows10上でもちゃんと動作しています。
他のキーフック系のアクセサリー等を動かしたりしていなければ、まず問題が起こることはないのではないかと思います。

日本語切り替えをスマートにしたい、キーボードにAltキーが2つある(日本語キーボードだとたまに右のAltが省略されている時がある)、英語キーボードでも日本語モリモリ打ちたい、という方には全力でお勧めです。